Category Archives: 未分類

自己破産との違い


個人民事再生では、返済額が5分の1程度になる大幅減額が見込めますが、借金の返済義務がなくなるわけではありません。個人民事再生と自己破産の一番の違いはこの点にあります。個人民事再生では借金を3年間で分割して返済していかなければいけませんが、マイホームなどの大きな財産を持っている人にとっては、それらを処分されることが無い点は個人民事再生の大きなメリットと言えるでしょう。それぞれの手続きにかかる期間は、自己破産の場合3~6ヶ月、個人民事再生の場合は6ヶ月程度が必要になります。

個人民事再生また、自己破産をしてしまうとある一定の職業に就くことができなくなる資格制限があります。生命保険募集人などがその例に当てはまります。個人民事再生では資格制限がないため、仕事柄どうしても自己破産ができないといった人にとっては個人民事再生を選択したほうが良いケースもあります。

自己破産と個人民事再生ではこのような違いがあるため、自分の希望と合った債務整理の方法を選べるよう、弁護士などの法律のプロと良く相談をして決めましょう。弁護士費用や相談費用が心配だという人は、無料相談を行っている事務所もあるので、まずはそちらで相談してみるのも良いでしょう。

◆関連サイト◆
債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

個人民事再生とは


借金の返済があるがマイホームなどの大きな財産を手放したくない場合、借金額を大幅に減額し、分割しながら原則3年間で返していく方法が「個人民事再生」という手続きになります。もしも手放したくない大きな財産がある場合には、財産を処分されてしまう自己破産ではなく、個人民事再生という方法を使って借金の完済を目指せるかもしれません

住宅ローン個人民事再生が適応される条件として、「住宅ローンを除いた借金の祖額が5000万円以下の場合」、「返済不能になる可能性がある場合」、「継続した収入が見込める場合」といったものが挙げられます。しかし、裁判所への申し立てが必要になるため、個人民事再生を行う場合には弁護士などの専門家に依頼をすることをお勧めします。

個人民事再生では、債務を5分の1程度にまで大きく免責してもらうことが可能です。手続きは、免責された債務の額と、それを3年間分割で返済することが記載された再生計画案を裁判所に提出し、認められると適用されます。

メリットとしては返済額が大幅に減額される点や大きな財産を守ることができる点がありますが、デメリットもあり、今後5~10年間の借入ができなくなる点や国が発行する機関紙に住所氏名が掲載されるといった点が挙げられます。

弁護士に相談しよう


大きな借金を抱えてしまい返済に困ってしまった場合、どうにかして借金の額を減らせないかと考えている人もいるでしょう。しかし、中には借金の返済はしたいけれどもマイホームは手放したくないといった希望がある人もいるかと思います。子供の教育費や住宅ローン、日々の生活費などで金融機関や貸金業者からの借金が増えすぎてしまった時には、悩んでいないで弁護士に相談することで解決の道が開かれるかもしれません

弁護士しかし、弁護士に依頼をするためには弁護士費用が不安だと思う人も多いでしょう。弁護士が依頼者からの相談を受ける際に、時間と金額を決めて相談料を請求するところもあります。借金で悩んでいるのに、相談をするだけでお金がかかるとなると、相談に踏み切るまでのハードルがぐっと上がってしまいます。

特に、多額の借金を清算する方法には自己破産や個人民事再生といった方法があり、こうした債務整理を行う際には借金の額や依頼者の希望などをトータルで考えながら解決する方法を判断しなければならないため、納得がいくよう、じっくり弁護士と相談する必要があります。

そこで、手続きが煩雑で難しい債務整理について、まずは費用が発生しない無料相談を利用することをお勧めします。当サイトでは、債務整理の1つの手段である個人民事再生とはどのようなものなのか、また自己破産との違いなどについて紹介しています。借金問題で悩んでいるのなら、法律のプロである弁護士に相談し、自分にとって一番良い方法を提案してもらうことで完済への道が開けるかもしれません。